読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EC2,メモよりも試行回数

EC2
サービス
キーペア、キーペア名my-keypair、my-keypar.pem保存
セキュリティーグループ、セキュリティーグループ名=説明my-security-group、VPCデフォルト、ルールの追加、SSH任意の場所、HTTP任意の場所、カスタムTCPルールポート範囲3000任意の場所
インスタンスインスタンス作成、AMI、セキュリティグループ名既存から選択、インスタンスの表示
ElasticIP、新しいアドレスの割り当て、割り当て、アクション、アドレスの関連づけ、インスタンス、my..
SSH,http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/putty.html
windows SSH Putty/winscp(リモート接続)http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1006/25/news095.html


①生成(putty
公開鍵秘密鍵 puttygen
SSH-2 RSA 2048(デフォルト設定) generate
public公開鍵/private秘密鍵/メモ帳にssh-rsaも保存 puttyフォルダに置いておくといい
Category/Connection/SSH/AuthのBrowthボタンクリック
.ppkファイルを選択 saved session 完了
②ゲスト側設置
③ホスト側登録で接続可能
winscp
IPv4アドレスーホスト名(AWSAMIの場合ec2-user)
------------http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/putty.html#putty-private-key

- インスタンスのプライベートキーを指定します。[Private key] に対して、秘密キーのパスを入力するか、[...] ボタンを選択して、ファイルを参照します。WinSCP の新しいバージョンでは、[Advanced] を選択して、高度なサイト設定を開き、[SSH] の [Authentication] を選択して、[Private key file] 設定を見つける必要があります。

- Note
WinSCPPuTTY 秘密キーファイル (.ppk) ファイルを必要とします。PuTTYgen を使って、.pem セキュリティキーファイルを .ppk フォーマットに変換することができます。詳細については、「PuTTYgen を使用した秘密キーの変換」を参照してください。

- (オプション) 左側のパネルで [Directories] を選択し、ファイルを追加するディレクトリのパスを [Remote directory] に入力します。WinSCP の新しいバージョンでは、[Advanced] を選択して、高度なサイト設定を開き、[Environment] の [Directories] を選択して、[Remote directory] 設定を見つける必要があります。

- [Login] を選択して接続し、[Yes] を選択してホストのフィンガープリントをホストのキャッシュに追加します。

-------
必要情報
sshサーバー情報 MYPC
IPアドレス 192.168.11.8(windows
SSHポート番号 22
ユーザー tky
MYPC
windows 192.168.11.8
virtualboxはゲストOSのコマンドプロンプトからわかる
VirtualBox Host-Only Network 192.168.56.1
VirtualBox Host-Only Network #2 192.168.140.1
ubuntu 192.168.11.9
IPアドレス 調べ方ipconfig

putty 接続 windows virtualbox

http://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~murakami/cgi-bin/FSW/fswiki.cgi?page=%28VirtualBox%29%A5%DB%A5%B9%A5%C8OS%A4%AB%A4%E9%A5%B2%A5%B9%A5%C8OS%A4%CB%C0%DC%C2%B3%28SSH%29

puttyとかsublinetextの国際化
言語フォルダのファイルをアプリケーションと同じ階層のフォルダに移しておく

OpenSSH
http://qiita.com/dskst/items/391fc55018fbf3cf795e

SSHの種類
OpenSSH公開鍵(IPアドレスとゲスト先の登録)

pwd
ls -F
ls -a
cp fileA fileB
mv
rm -rf
cat fileA
sudo apt-get
echo
echo HELLO > A.txt 上書き HELLO >> A.txt 追記
source ./fileA = . ./restart
export
printenv
wget http:// wget -O dirA http://
zip fileA abc.txt xyz.txt zip -r fliezip filaA
unzip
tar xzf/zjf file.tar.gz/tar.bz2
~ ホームディレクト
Tab
ls M tab →ls Music 例、Tab 補完機能 Tab二回で一覧

git
clone
pull

rbenv インストール、更新
touch ~/.bashrc
cp -f ~/.bashrc ~/.bashrc.bak  戻すcp -f ~/.bashrc.bak ~/.bashrc
sudo apt-get update
sudo apt-get
sudo apt-get -y install build-essential
sudo apt-get -y install git zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev
sudo apt-get -y install libxml2-dev libxslt-dev libsqlite3-dev
git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc
mkdir -p ~/.rbenv/plugins
cd ~/.rbenv/plugins
git clone git://github.com/sstephenson/ruby-buid.git
sudo dpkg --add-architecture i386
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install libruby2.3:i386
sudo apt-get -y install libreadline-dev:i386 libssl-dev:i386
、更新
rbenv --version
cd ~/.rbenv
git pull
cd plugins/ruby-build
git pull

ruby -e "puts 1 + 1"

gem list
gem install
gem bpdate

nvm install
nvm ls
nvm use
nvm alias
nvm deactivate
nvmインストール、更新
touch ~/.bashrc
cd /tmp
wget http://rawgit.com/creationix/nvm/v0.31.1/install.sh
bash install.sh
rm -f install.sh
source ~/.bashrc
、更新
nvm --version

railsインストール、更新
gem install rails --version=5.0.0.1

SSH公開鍵 生成
ls ~/.ssh
ssh-keygen -q

xclip -selection clipboard < ~/.ssh/id_rsa.pub

github,bitbaketに登録
------------------------------------------